イラストとエロティシズム

  • 2020/05/09 20:00

20200509.jpg

今回の記事はタイトルの通り、過激なワードが割と飛び出ます。

一応15歳以上推奨ですが、生物学的に書いたつもりなので、制限は特に設けていません。

 

 

最近は「認識しやすい絵」という物を研究しています。

私は印象に残る絵というのが非常に苦手なので、昔からずっと研究していました。

 

例えば、複雑骨折ヘタレ絵なはずなのに、どうしても印象に残ってしまう絵ってあると思うんですよ。

商業的に考えると、イラストとはただ上手いだけの物より、多少骨折していても印象に残る絵の方が強いんですよね。

 

 

そこで、印象に残る絵とはどういうことか、私の仮説ですが

素早く・簡単に認識ができ、なおかつ考えさせられる絵

ではないかと考えました。

 

考えさせられるというと難しそうですが、
「この子は可愛いけれどツリ目だな…そうかツンデレだな!」程度の思考が働けばOKです。

 

 

素早く簡単に認識が出来ることに関してですが、より動物的なモノ程、簡単に認識できるというのは間違いないでしょう。

そこで、物事の理解のしやすさをざっくりと分類してみました。

 

 

・生物としての本能で認識できるもの
(幼児のかわいらしさ、血や危険生物、エロティシズムなど)

自然によってつくられたもの
(動植物、人体そのものに対するフェティシズムなど)

人間が無意識のうちに生み出すもの
(感情)

人間の意志によってつくられた実体の有るもの
(服、ヘアスタイルなど)

人間の意志によってつくられた実体の無いもの
(思想、信念、宗教など)

 

今回はこれの一番上の生物としての本能で認識できるものについて考えていきましょう!

 

 

 

人間にも本能はある

(例外の方もいらっしゃいますが)
有史以前から、人間は幼子を愛しく思い、血液や蜂、毒蛇を恐れ、異性の体を魅力的に感じてきました。

これらはいくら宗教で抑え込もうにも抑えることはできません。
イスラム教徒の女性が体を隠すのも、男性にとってあまりにも体が魅力的過ぎるから普段は隠しとけという開き直りによるものです。

 

これらはもはや本能によってコントロールされており、もし多くの人間にこの本能が欠けていたら、人類はとっくに滅亡していたことでしょう。

そのくらい人間にとっては大事な事ですから、イラストに用いられた時の注目度の高さは間違いありません。

 

 

 

しかしそれだけだと退屈

本能に訴えかける絵を描けばいいだけなら、巷にはエロ絵と赤ちゃんと流血とスズメバチの絵しか並ばないという事になってしまいます。

 

(「恐怖」という不快の感情を湧き立てる血と危険生物はこの際置いといて…)
しかし世の中赤ちゃんとエロ絵で埋め尽くされてはいません。 

恐らく現代に生きる人間は、ただ原始的な欲求を満たすだけでは満足できないので、もっと高度な物を求めているから…だと思います。

 

※これだけ読むと赤ちゃんやエロ絵そのものがまるで退屈かのようですが、それらに深みや発展性を見出した絵師様によって描かれた赤ちゃんやエロ絵は本当に素晴らしいものです。
特にこだわりや情熱を持たずにただ描いただけだけの物がよろしくないという話です。

 

 

例えば赤ちゃんの可愛らしさをどこかに残したキャラや、エロを連想させる服装など、

可愛い、エロいを「考えさせる・想像させる」のが良い絵なのではないかなと考えています。
つまり

 

本能に訴えかける要素を残しつつ、人間ならではの知性を活かした絵
というのが印象に残り、かつ深みや面白みがあるのではないでしょうか!

 

 

ちなみに女性キャラのエロ絵でも、女性の印象に強く残りますよ!

「体験したい、強く所有したい」といった男性的な感情に結びつかないだけで、女性も女性のエロい姿は好きな人は多いんじゃないかな。少なくとも管理人はそうです。

 

 

 

 

ところで、何故ハイヒールがセクシーと言われるかというと、ハイヒールを履いた足の形が、オーガズムに達した時の足の形に似ているからなんですって!

うーん、目の付け所が実にレベル高い(笑)

 

 

 

 

 

…というわけで、エロや赤ちゃんぽい可愛さを上手く使えば魅力的に絵が描けるかもしれないよという話でした。 

 

今回のイラストはスカートを若干透けさせたり、太ももを若干むっちり気味に描いて、スカートの中はどうなっているんだろうと無意識のうちに連想させる絵…になっているといいなと思い描きました。

あと右手の小指。小指がこんな風に曲がってるのってなんか好き。すごく好き。

 

近日中にイラストとフェティシズムについても語りたいなー

 

 

 

 

番外編・女性が男性に抱くエロティシズム

以前女性向けゲームの着彩師をしていた時に、ある重厚に厚着した男性キャラのスチル着彩を担当した話なのですが…
渡された線画をよく見ると、袖から素肌がチラ見えしていたので、そこを程よく筋肉が付いている感じに塗ってみたんですね。

するとリリース後にエロいとの大評判だったんですよ。

性器周りや胸元でもない、ただひたすら健全な腕。それも肘から先がちらっと見えただけなのに!

 

 

いち女性としての私の感覚ですが、正直男性の性器そのものに「掻き立てられる何か」って感じられないんですよね。

それよりも、筋肉の付いた腕とか、広い背中の方がずっとエロスを感じます。

多分、女性の殆どがそうなんじゃないかな~

 

 

あと、男性が「達している姿」よりも「堪えている姿」の方がいいですね。

 

 

恐らくですが、女性にとって男性って「自分(と子供)を必死に守ろう&尽くそうとしてくれる姿」を本能的に魅力的に感じるんじゃないかと考えています。
(男性が読んだらショックを受けそうですが…種が目の前の男性の物であるかどうかよりも大事な事かもしれない)

 

だから男性の性器そのものは割とどうでも良くて、それよりも守ってくれる肉体、尽くそうとする意志に性的魅力を感じるんじゃないかなーと思います。

関連エントリー

管理人:水無月 杏理

当ブログはSNSに疲れ果てた管理人によるイラストブログです。

シンプルライフを送りながら、オリジナルイラストや画材について、そして日々の考え事を綴っていきたいです。

お問い合わせ/WEB拍手/拍手返信

検索
エントリー検索フォーム
キーワード

ランキング参加中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


イラストランキング

↑ ↑ ↑ ↑
当ブログがお気に召しましたら
一日1クリックをお願いします!