【中級者向け】自作ブラシで描くレースの描き方講座

  • 2020/05/03 02:09

 20200502a.jpg

前回の講座があまりにも初心者向け過ぎたので、もっと本格的なレースの描き方講座を紹介します。

ぱっと見複雑なので一見難しそうですが、やり方さえ押さえればかなり簡単です!

 

 

今回解説するのはこんな感じのレースです

20200502b.jpg

前回よりも大分複雑そうには見えますが、レースの形をしたブラシを作ってしまえば簡単です。

※簡単に説明すると、デジタルで柄の描かれた透明セロハンテープを作るイメージです。

 

 

 

必要なのは自作ブラシを登録できるイラストソフトです。

最近の有償ソフトはもちろん、ファイアアルパカなど、フリーソフトでもブラシ登録が出来るものが出回っていますので、そういったソフトをご利用ください。

 

 

 

シンプルなミニレースブラシの作り方

まずはどんなレースにするか、下描きをします。

20200502c.jpg

↑このぐらい雑でもOK!
形が分かれば問題ありません。

 

 

そして下描きを元にレースブラシを作ります。

20200502d.jpg

こうして出来上がった⑥をブラシに登録して使います。
(ブラシの登録方法はお手持ちのソフトのマニュアル等をご覧ください)

 

20200502e.jpg 

使うとこんな感じ!

途切れてしまった部分やはみ出しは適宜調整して、前回の図形でくりぬいたレースと同じように線画を付けてやるとより一層仕上がりが良くなります。

また、この絵のようにフリル状になっているものにレースを作る場合、複数のレースレイヤーを作って重なりを表現するとよりクオリティが高いっぽく見えます!

 

 

 

ちょっと複雑なレースブラシの作り方

複雑とは書きましたが正直すごく簡単です。まず雑に下描き。

20200502f.jpg

この下描きを元にブラシを作ります。

 

20200502g.jpg

形はミニレースより複雑ですが、難易度は正直殆ど一緒なので簡単です。

 

 

ブラシを登録し、実際に使うとこんな感じ↓

20200502h.jpg

はみ出しや欠けをブラシや消しゴムで調整し、余裕があったらワープやメッシュ変形ツールなどで遠近感をつけると更に馴染みが良くなります。

ちなみに、濃い色のレースだと下レイヤーに線画を作らなくてもあまり違和感なく馴染んでくれます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

自作ブラシを覚えれば、レース以外にも様々な応用が利くので、是非挑戦してみてください。

 

 

また、講座に使ったレースブラシを無料配布しますので、
使ってみたい方はダウンロードしてお使いください↓↓↓

brush01.png brush02.png

(個人使用に限り報告不要です。自作発言や素材としての二次配布はNGです)

 

 

 

合わせて読みたい

関連エントリー

管理人:水無月 杏理

当ブログはSNSに疲れ果てた管理人によるイラストブログです。

シンプルライフを送りながら、オリジナルイラストや画材について、そして日々の考え事を綴っていきたいです。

お問い合わせ/WEB拍手/拍手返信

検索
エントリー検索フォーム
キーワード

ランキング参加中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


イラストランキング

↑ ↑ ↑ ↑
当ブログがお気に召しましたら
一日1クリックをお願いします!