スキゾイドパーソナリティ障害で良かったと思う事

  • 2020/04/02 20:35

20200402.jpg

このたびは、コロナウイルスの蔓延という非常事態だからこそ「自分がスキゾイドで良かった」と思う事がいくつか見つかったので、私と同じくスキゾイドの方向けに紹介したいと思います。

なぜこんな記事を書くかというと、こういう時だからこそ、スキゾイドを始め障害がある方はその特性を生かして欲しいと思ったからです。

スキゾイド全員に当てはまらないかもしれませんが、皆さんが「自分を知る、好きになる」ヒントになれば幸いです。

 

 

 

孤独に強い

とにかく孤独耐性が強いので、以前何か月も在宅ワークしてた時も全然余裕でした。
たまにスーパーの店員さんに「ありがとう」「お願いします」を言えたらもうそれで充分です。

だから家に籠りっきりのストレスがそこまで苦痛になりません。

 

人によっては「テレワークが辛い」そうですが、少なくともスキゾイドにはそれがないので、コロナ感染&拡散のリスクは普通の人より少ないです。

 

 

 

情報に振り回されづらい

これは欠点にもなりえますが…
SNSはやらないし、知り合いと情報交換もしないので、情報が入ってくるのがとにかく遅いです。
(私は実家の母からの電話でパンデミックを知った…)

 

情報は自分で調べることになるのですが、「共感」を目的とせず調べられるので、俯瞰的視点で偏りのない情報収集が得意なのです。
恐らくはデマを見破るのが得意な方も多いと思います。

 

 

 

判断力が鍛えられている

常に自分の頭で情報を考察し、判断するのが当たり前になっているので、イザという時の判断力が鍛えられているのが我ながら強いと思います。

 

ただ一人で考え続けるとどうしても思考が凝り固まるので、そこは注意しなければいけないポイントだと感じています。

 

 

 

…こんな事を書くとまるで非常事態にスキゾイドの人の方が有利のようですが、正直普通の人とどっちが有利かという比較はできないと思います。

 

スキゾイド故に必要な情報に取り残されかねないし、身近な人との意見交換の機会にも乏しいです。

また、自分が情報に取り残されているという恐れから、逆に必要以上に情報を取り入れすぎてしまう事も起こりえます。

 

 

 

結局何が言いたかったかというと、普通の人も、スキゾイドも、その他障害のある人も、有利な点も不利な点も沢山あります。

非常事態だからこそ、様々な個性を受け入れ、それを最大限に活かすことが求められているのだと感じています。

 

 

私はスキゾイドだからって、他人を拒んでいるわけではありません。
むしろ自分なりの距離感で、大勢の為に貢献できることがあったらしたいのです。

 

そして貢献のうちの一つが「情報に振り回されないようにすること」だと考えています。

情報が交錯している中で安易に情報を共有せず、なるべく平常通りに過ごすことがスキゾイドの役割なのかな

 

 

自分と違う個性の人がいることを受け入れる事。

違っていることは劣っていることだと考えるのではなく、素晴らしいことだと考える事。

 

それこそが人類みんなでこのコロナパニックを切り抜けるための大切な事だと思います。

 

当ブログのスキゾイド関連記事はこちら

 

 

 

あ、ちなみに今回のイラストは水彩の藍色とこげ茶の2色だけで描いてみました。

2色でも色選びを工夫すればフルカラーぽくなりますね!

関連エントリー

管理人:水無月 杏理

当ブログはSNSに疲れ果てた管理人によるイラストブログです。

シンプルライフを送りながら、オリジナルイラストや画材について、そして日々の考え事を綴っていきたいです。

お問い合わせ/WEB拍手/拍手返信

検索
エントリー検索フォーム
キーワード

ランキング参加中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


イラストランキング

↑ ↑ ↑ ↑
当ブログがお気に召しましたら
一日1クリックをお願いします!