愛とお金は世界を循環する

  • 2020/03/28 20:00

 20200328.jpg

私は正直、お金の不安に囚われやすいタイプです。

お金をどう使うか、数か月先まで計画してしまう事なんてザラ。
(なお計画通りに使えたことは無い模様)

 

そんな私でも着目する部分を変えたら、少しお金の不安から解放されつつあります。

何に着目したかというと

「どんな使い方をしてもお金は世界を循環する」

という点です。

 

 

 

 

簡単に説明すると、家電を買ったとして、その家電屋さんやメーカーさんが従業員さんにお給料を払って、従業員さんは○○買って~とループしていくうちに誰かがあなたの提供するサービスを利用するだろう…という事に注目しました。

 

例えば、うっかり結婚詐欺師に高額だまし取られたとしても、結局詐欺師がパーッと使い込んでそれは巡り巡って手元に帰ってくるでしょう。

流れ流れて外国まで行ってしまうかもしれませんが、それでも地球の外に出て行ってしまうわけではないですからね。

 

 

確かに使ってすぐは自分のお財布が軽くなりますが、世界中の人間が持っている総額は1円たりとも変わらない点に意識をフォーカスすれば不安も軽くなりました。

(ただし今は状況が状況なので、極力国内優先でお金を使うようには気を付けています)

 

 

 

 

なんでこういった目を向けられるようになったかというと、「愛」が世界を循環しているんだと気づいたからです。

 

今まで愛とは 

「与えた分をその人から受け取るもの」

だと考えていたけれど、

 

「与えたい人に与え、私に与えたい人から受け取る」

でもいいんだなと思えるようになりました。

 

 

私の親は毒親で、私に沢山の事をしてくれたけれど、別に私が頼んだわけではなく…

なのに「してやった分の結果をだせ!」とリターンを強要するタイプの親でした。

 

何故私の親がそういうことをするか考えた結果、

(愛が循環していることに気づけていないから)愛とは誰かに与えた見返りとして受け取るもの

と考えているからだと分かりました。

 

 

そんな親に育てられたものだから、私も誰かに何かをするときは下心満載だったし、

逆に与えてくれた人にはその分を返さないといけないと焦っていました。

 

 

 

それを気づかせてくれたのはペットの亀ちゃんたちです。

亀はお金を稼いでくるわけでもないし、家事をしてくれるわけでもない。
それどころか水はすぐ汚し、大量にエサを求めます(笑)

 

でも、亀の世話をすることは幸せだし、より良い飼育環境にすべくホームセンターに通ったりしたって何も苦痛ではありません。
むしろ幸せだし、「与える喜び」を教わった気がします。

 

 

↓の記事にも書きましたが、与えられるって、相手が与えたかったから与えられるんですよね。

合わせて読みたい

だから愛情も感謝の気持ちを持って受け取るだけでもいいんだと思います。

 

そのためにも、世界中の全員で愛されるためじゃなくて、ただ愛することが幸せだからという理由で愛せるようにならないといけませんね。

もし愛されるために愛していたら、きっと相手に依存してしまうと思うのです。

 

 

愛する事そのものに幸せを見出して愛していたら、いずれ巡り巡って形が変わって、より素晴らしい形となって帰ってくるのだと思います。

 

お金だってきっとそうやって使えれば、みんなが幸せになれるんじゃないかな。

 

 

というわけで、愛もお金も世界を循環しているから心配しなくていいよという話でした。

でも偉そうなことを書いておきながら、実はコロナ給付金騒ぎで一喜一憂している自分がいます。
私もまだまだ修行が足りません。頑張ろう。

 

 

 

 

あ、ちなみに今回のイラストは漫画のようにトーンとカケアミで塗ってみました!
たまにはこういうのもいいなって。

関連エントリー

管理人:水無月 杏理

当ブログはSNSに疲れ果てた管理人によるイラストブログです。

シンプルライフを送りながら、オリジナルイラストや画材について、そして日々の考え事を綴っていきたいです。

お問い合わせ/WEB拍手/拍手返信

検索
エントリー検索フォーム
キーワード

ランキング参加中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


イラストランキング

↑ ↑ ↑ ↑
当ブログがお気に召しましたら
一日1クリックをお願いします!