プロとアマチュア絵師の差と、心が苦しくならないお絵描きの話

  • 2020/02/16 02:37

20200215.jpg

ぐぬぬ…今日中に絵を完成させるつもりだったのに、全然終わってないんだぞ…
(しかもまた日付変わってる)

仕方が無いのでまた進捗を上げて、ついでにブログネタにしてやる作戦です。

 

 

何で仕上げるのが遅いかというと、絵に集中しきってないからです。

(ついでに言い訳すると土曜日は家の掃除をしておかずを作り置きする日と決めている笑)

 

実は私、一時期絵のガチプロを目指していまして…商業で描かせていただいた経験も何度かありました。

でも、ガチプロの皆様と自分は何か大きな開きがあったんですね。

 

 

その開きにはいろいろ種類がありますが、そのうちの一つが

「一枚の絵に込められる執念」

だと感じています。

 

私は小さい絵をパッパッパと量産するのは意外と得意なのですが、背景込み、キャラ複数のポスター用イラスト…なんて考えただけで心が折れてしまいます。

複雑な絵はどうしても最後まで集中力が続かず途中で遊びだしたり、そもそも着手までにやたらと時間がかかったり…

 

絵を描くのは心の底から好きです。
でも、どうしても「執念」が足りないんです。

 

そして多分恐らくですが、執念は鍛えられない。

 

 

…厳しい現実ですねえ。

 

でも、「自分にとって楽な技法」「自分が得意なモチーフ」を選ぶ事(要は楽に描ける方法)で

 

絵を描くことによる体力や精神力の消耗速度を遅くして、描きこみ量を増やす
という事は出来るのではないかというのが自論です。

 

勿論、第一線で活躍していらっしゃるガチプロの方はそれができた上で執念が凄いので、きっと追いつける日は来ないと思います。

それでも、自分が納得できる立ち位置に収まれるくらいにはなれるんじゃないかな…

 

 

 

よく言われていますよね。「日本人の働き方は非効率」と。

楽な方法を取らず、あえて苦しむことが美徳だとかなんとか。

 

でも↑で書いたように、楽をすることは体力や精神力の消耗を抑え、その結果より良い物に辿り着けると思うのですよ。

 

 

私はカミングアウトすると、毒親育ちです。

小さいころから「苦労が一番」と言われて育ち、最近になるまで「楽は悪」と思い込んでいました。

 

勿論、すべき苦労はあると思います。

でもすべき苦労って、案外精神的には苦じゃなかったりするんですよね。

 

 

悪いのは精神的な苦労。

 

 

私は「楽は悪」派だったので、バストアップ構図や雑線画で済ませることは自分で許せず、無理に全身を描いたり、「バストアップ絵はラクガキの一種」と決めつけたりしていました。

 

更にタチが悪いことに「線画に力を入れない絵師は悪」「バストアップしか描かない絵師は悪」と、他の絵師様を見下すようなことばかり考えていました。
(本当に情けない話です)

 

これって言い返せば「私は苦労して描いているのに、楽するアンタらはズルい!」なんですよね。

彼らにしてみれば、自分が得意なやり方で、自分の魅力を最大限に引き出せるようにしているだけに過ぎないのに。

 

 

自分に楽を許さないでいると、他人の楽まで許せないのだから恐ろしいものです。

 

精神的苦労はただの悪!

いらぬ苦労はとっとと断捨離しちゃいましょう!笑

メイキング記事有料配信中!

20200325a.jpg
20200325b.jpg

売り上げはブログ運営資金等に使わせていただきます。
興味のある方は是非ご覧下さい!

関連エントリー

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://ts-goddesses.com/trackback/14

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

管理人:水無月 杏理

当ブログはSNSに疲れ果てた管理人によるイラストブログです。

シンプルライフを送りながら、オリジナルイラストや画材について、そして日々の考え事を綴っていきたいです。

お問い合わせ/WEB拍手/拍手返信

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着コメント

Re:ブログ開設しました!(リライト)
2020/02/03 水無月杏理(管理人)

ランキング参加中

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


イラストランキング

↑ ↑ ↑ ↑
当ブログがお気に召しましたら
一日1クリックをお願いします!

過去ログ